ようこそ、三谷水産へ
 愛知県立三谷水産高等学校に合格された皆さん、おめでとうございます。心からお祝い申し上げますとともに皆さんを本校にお迎えする日をお待ちしています。
 本校は、入学する皆さんが3年生になった時に創立80周年を迎える、長い歴史と伝統を持った県下唯一の水産高校です。本科4学科、専攻科1学科を設置していますが、これは、日本の水産高校でトップクラスの規模であります。水産・海洋の5分野を学べる全ての学科が設置され、生徒の進路目標に応じた教育内容を備えています。このような教育環境のもと、水産・海洋関連産業に就職する生徒はもとより、モノづくり愛知を代表する各種製造業にも多くの生徒が就職しています。また、専攻科に進学してより高度な資格取得を目指す生徒や、国公立大学や専門学校に進学する生徒も多く、本県の水産・海運業界を中心に通信業界や製造業界、官公庁や研究機関等で活躍するなど、その優れた力量を評価されている先輩方が多くいます。さらに、近年は教員免許を取得して母校で後輩の指導に情熱を燃やす先生方も多くいます。ぜひ皆さんも、先輩方の後継者としての誇りを持ち、社会で活躍するという強い決意で、これから努力していただきたいと思います。
 本校は、「海・水産物・船」に興味・関心を持つ生徒が多く集まり、他の学校ではけっして体験することのできない魅力あふれる教育を進めています。平成19年度竣工された実習船「愛知丸」では、すべての学科で乗船実習が体験できます。海技免状を取得するための長期航海、世界や宇宙へと無限に広がる通信技術、小笠原や奄美の美しい海や魚とのふれあい、豊かな味を創造する食品加工など、学科毎に多くの感動体験が用意されています。これらの体験は、必ずや皆さんの人生を豊かに導くものと確信しています。また、地域連携や高大連携にも力を入れており、地元企業と協働で開発した「愛知丸ごはん」は2014年から4年連続でモンドセレクション金賞を受賞しています。今後も新たな企業と新商品開発(例:魚醤シリーズなど)に取り組んで、生徒たちに実践的な学びの場を提供するとともに、長期的なインターンシップとして確かな進路実現を目指します。高大連携ではマルチコプタの海洋調査等の研究や、水中ロボットの開発等成果を上げつつあります。
 本校は、平成28年度文部科学省より5年間、社会の第一線で活躍できる専門的職業人を育成する、先進的な研究を行う専門高校として、スーパー・プロフェッショナル・ハイスクールの指定を受けました。このSPH事業では「水産・海洋資源の持続的利用や六次産業化、グローバルな資源管理やローカルな里海の環境保全の取組等を通して、地域社会をリードし、海洋立国日本の将来を支えるグローカル人材を育成するための先進的かつ汎用的な研究」を課題としています。グローカル人材とはグローバルな感覚を持って地域社会(ローカル)で活躍する人材のことです。日本は四方を海に囲まれ古くから漁業や海運業が盛んです。海は世界とつながっていますし、大海原に回遊する魚に国境はありません。海洋立国日本を支える生徒の皆さんは、グローカルな人材に育ってほしいと思います。
 高等学校は中学校とは違い義務教育ではありません。自らの意志で学ぶところです。そして皆さんが選んだ本校は、県下唯一の水産高校として、特色ある教育内容と高度な専門教育を行っています。やる気さえあれば多くの資格も取得できます。大切なことは皆さんの学ぶ意欲です。本校で何を学び、何をしたいのか、それぞれの目標を掲げ、そのために3年間をいかに過ごすのか。そして3年後の夢を描きながら、校門(未来を照らす灯台の門)を入ってきてください。この目標や夢を持つことが活力のある充実した学校生活を可能にします。
 皆さんに、次の言葉を贈りたいと思います。
 「時を守り、場を清め、礼を正す(12文字の教育)」
 「時を守り」とは時間を守ること、遅刻をしないことです。「場を清め」とは掃除をしっかりすること、身の回りの整理整頓ができることです。「礼を正す」とは気持ちの良い挨拶ができること、ルールを守ることです。「時を守り、場を清め、礼を正す」この気持ちを常に忘れず、「凛として清々しく」高校生活を送ってください。
 すべての皆さんが充実した高校生活を送ることを願っています。そのために、私たちは最大限の援助を約束します。ようこそ、三谷水産高校へ。
 
  愛知県立三谷水産高等学校長
丸﨑 敏夫
 

平成30年度 入学式式辞
   春の息吹が溢れ、三河湾の海にも柔らかな陽光が差し、まさに春の海と感じる、この佳き日に、PTA会長の中野 正喜様を始め、多くの保護者の皆様にご臨席賜り、平成30年度の入学式を挙行できますことは、本校においては限りない慶びであり、関係する全ての皆様に、心より厚く御礼申し上げます。
ただいま、入学を許可しました新入生の皆さん、入学おめでとう。
 私達は、皆さんの入学を心待ちにしていました。皆さんは、三谷水産高校の、この地域の、そして愛知県の、大きな希望です。私たち教職員は心から皆さんの入学を歓迎します。
 本校は、3年後には創立80周年を迎える、長い歴史と伝統を持つ県下唯一の水産高等学校です。水産・海洋関連産業はもとより、ものづくり愛知を支える自動車関連産業を代表とする製造業などに、有為な人材を輩出し、日本はもとより世界で活躍される先輩方が多数みえます。求人倍率10倍を超える恵まれた就職環境の中で、専門高校ではいち早く内定率100%を達成し、大学や本校専攻科、専門学校に進学する生徒も多く、本科と専攻科を合わせた学びの課程で、三級海技士や一級総合無線通信士などの高度な国家資格を取得する生徒もいます。特に無線通信系の国家資格を取得できる教育機関は、東海、北陸地方では本校だけとなり、資格取得者のニーズがますます増大する中、本校の教育機関としての役割は大いに期待されています。皆さんも本校に入学した限りは、先輩方の後継者としての誇りを持ち、社会で活躍するという強い決意で、これから努力していただきたいと思います。資格取得は努力をすることで必ず実現できます。継続は力なりです。
 本校は、平成28年度から5年間、文部科学省よりスーパー・プロフェッショナル・ハイスクールの指定を受けました。現在、愛知県の県立高校で指定されているのは本校のみです。ものづくりの愛知として、伝統と実績のある多くの専門高校の中で、本校がこの事業に指定されたことは大変名誉でありますし、この2年間の取組で少しずつ成果が見られるようになりました。本日入学した皆さんも先輩の取組を引き継いで、愛知県を代表する専門高校の一員として、このSPH事業の成果を上げるように共に頑張りましょう。
このSPH事業の目的は、「水産・海洋資源の持続的利用や六次産業化、グローバルな資源管理や里海の環境保全の取組等を通して、地域社会をリードし、海洋立国日本の将来を支えるグローカル人材を育成するための先進的かつ汎用的な研究」です。
 では、グローカル人材とはどのような人材でしょうか?一言で言えば、グローバルな感覚を持ってローカルで活躍する人材のことです。日本は四方を海に囲まれ、古くから海の恵みを生きる糧としてきました。また、海外との交流は船舶が唯一の交通手段で、現在でも貿易のほとんどは外航海運が担っています。国内の物流もトンキロベースでは44%は内航海運が支え、漁業を学び、船舶を運航するための海技士免許を取得できる本校は、まさに海洋立国日本を支える人材を育成する重要な教育機関です。では、漁業や船舶運航にはどうしてグローバルな感覚が必要なのでしょうか?これからの漁業は限られた資源を将来にわたり、持続的に利用するために、日本だけでなく世界の漁業国と協調して行う必要があります。また、船舶交通のルールは世界共通です。そこにグローバルな感覚が必要になるのです。無線通信分野も同様です。世界中を飛び交う電波を扱う技術は、まさにグローバルな感覚なしでは成り立ちません。資源分野ではどうでしょうか?大海原を回遊する魚には国境はありません。資源の枯渇が心配されるクロマグロやニホンウナギなど、グローバルな感覚を持って資源管理に取り組む必要があります。水産食品は、特に世界の評価が高い分野です。東京オリンピックを見据え、今後ますます増える外国人旅行者に対して、ユネスコ無形文化遺産に登録された和食は、高い評価が期待されますが、せっかくの評価を一過性にしてはいけません。例えば、HACCP認証制度を導入して外国で販売を促進する必要があります。本校が設置している学科の教育内容は、ここで説明した全ての分野を含んでいますので、皆さんにはグローバルな感覚が必要となります。
 加えて本校は、地域連携に力を入れています。地元企業と協働で商品を開発したり、水産試験場の指導を受けながらアマモ場の育成に取り組んだり、産学官連携でアワビの完全閉鎖型陸上養殖の研究に挑戦したりするなど、生徒たちが様々な場面で地域連携に関わる中で、地域社会に愛され、地域社会に貢献する人材の実現を目指しています。すなわちローカルで活躍する人材の育成です。本校の学びを通して皆さんは、グローバルな感覚を持ちローカルで活躍する、グローカルな人材を目指していただきたいと思います。
 最後に、皆さんに一つの言葉を贈りたいと思います。
 「時を守り、場を清め、礼を正す」という言葉で、本校の重点目標です。
 「時を守り」とは、遅刻をしない、集合時間や始業時間を守るということです。
 「場を清め」とは、整理整頓ができ、掃除をしっかりするということです。
 「礼を正す」とは、挨拶ができ、規則を守り、身だしなみを整えるということです。ぜひ「時を守り、場を清め、礼を正す」という言葉を、常に心に刻んでほしいと思います。皆さんが立派な社会人となるために、私たちは時には優しく励まし、時には厳しく指導をしていく覚悟であります。
終わりに臨み、保護者の皆様、本日は誠におめでとうございます。そして皆様にお願いいたします。私たち教職員は今日から新入生の皆さんに、これからの時代をたくましく、主体的に生きる活力ある人材になってもらえるように努めてまいります。そして、これは、家庭と学校との協力関係があってはじめて達成できるものです。どうか本校の教育方針や指導について、今後ともご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 本校は日本一の水産高校を目指しています。これからも、地域から愛され信頼され、地域とともに発展する元気な学校づくりを進めると共に、新入生の皆さんが心身ともに健康で有意義な高校生活を送ることを心より祈念して式辞といたします。
  平成30年4月6日
愛知県立三谷水産高等学校長
 丸﨑 敏夫

過去の式辞
平成30年度 入学式式辞
平成29年度 卒業式式辞 平成29年度 入学式式辞
平成28年度 卒業式式辞 平成28年度 入学式式辞
平成27年度 卒業式式辞 平成27年度 入学式式辞
平成26年度 卒業式式辞 平成26年度 入学式式辞